作業員

南京虫駆除の選び方

男女

南京虫駆除を依頼する際に迷ってしまう業者選び。安さだけで選んでしまうと、何回も南京虫駆除を依頼することになります。そこで失敗しないために業者選びの注意点をまとめて掲載しています。

Read More...

南京虫の予防と対策

女性

南京虫が一度発生してしまうと大変です。そこで南京虫を予防する方法と発生してしまった場合の対処法を紹介しています。ですが南京虫が発生してしまった場合は早期の南京虫駆除が大切です。

Read More...

南京虫の影響

害虫

南京虫(トコジラミ)とは5~8mmの害虫で、発見が困難です。また繁殖力が高く、一度繁殖すると急激に増加します。そのため早期に専門業者による南京虫駆除が大切になってきます。しかし、南京虫に吸血をされてもダニの被害と勘違いする人も多く、対応が遅れがちです。そこで南京虫の影響を紹介します。当てはまるものがあれば南京虫が繁殖しているかもしれませんので、南京虫が原因であるならば、南京虫駆除を考えたほうが良いでしょう。
南京虫に吸血されると赤い刺し傷ができると言われています。肌が敏感な人の中にはジンマシンの症状が発生する可能性もあります。また、繁殖力が高いため、寝所で繁殖してしまうと体中をあちこち噛まれてしまい、眠ることが難しくなるようです。
トコジラミは暗くて狭い所を好み、壁紙の継ぎ目、家具やカーテンレールの隙間にいる可能性が高いです。トコジラミが繁殖している場所にはトコジラミの糞が大量に落ちています。トコジラミの糞を判別する方法として、糞の上に濡らしたティッシュを置くと赤くなるようです。またトコジラミは成虫であれば肉眼でも確認することが可能なため、見つけることも可能です。
一般向けにトコジラミ用の殺虫剤なども販売されていますが、最近では薬剤に耐性をもった固体も発生しているため安心できません。トコジラミがご家庭で発生してしまった場合は早急に南京虫駆除を行なうために南京虫駆除業者に依頼することをおすすめします。

南京虫被害の対処法

男女

南京虫の被害を受けてしまった場合の対処法を紹介しています。被害に遭っても冷静に対処しましょう。南京虫を発見したら被害拡大を抑えるため早めの南京虫駆除を行なうべきです。

Read More...